薬剤師の仕事とは

薬剤師というのは、医薬品について幅広い知識を持っている、薬のスペシャリストのことです。
薬剤師になるためには、大学の薬学部で6年間勉学して卒業し、薬剤師国家試験に合格して、ようやくその資格を得ることができます。
短期大学や通信教育などで学ぶことはできず、みっちり6年間学ぶ必要があるため、薬剤師への道は楽なものではありません。


薬学部で学ぶことは、非常に幅広くなっています。
医薬品に関わる知識だけではなく、有機化学や無機化学といった化合物に関する知識や、病気や治療方法についても学ぶ必要があります。


薬剤師の資格を得ることができれば、様々な働き口を選ぶことができるようになります。
薬剤師といえば、調剤薬局やドラッグストアなどで見かけることが多くあるかと思います。
そのため、薬剤師は薬局や病院くらいしか働き口が無いのでは?と思われている方も少なくありません。
もちろん、そういった場所への就職はたくさんあるのですが、それ以外にも薬剤師の資格を生かした就職口はたくさん存在しています。


たとえば、病院の中でも薬を処方するだけでなく、入院患者への注射薬や点滴の調整などを行うのも薬剤師の仕事です。
ガン治療など、特別な治療に関わって、その経過を観察したりしていくこともあります。
また、製薬会社や化粧品会社などでも薬剤師は活躍します。
新しい薬品の開発はもちろんのこと、化粧品も薬事法で規制がされるようになっているために、化粧品の新商品開発などに携わることもあるのです。


このように、薬剤師の就職口は非常に多く、それに伴って求人も多く出されているのです。
では、どのような就職口があるのかご紹介しましょう。

Copyright © 2014 薬剤師の求人を探す! All Rights Reserved.